子供英会話、ジュニア・親子ゴルフスクール、親子アートスクール、親子グローバル教育、子供リーダー教育、家庭教育、親子留学 ニュージーランド カナダ、ママの学校・コミュニティー

Mommy & Me Learning「未来のグローバルリーダーを育てる」 ママの為の母子グローバル教育コミュニティ

お電話でお問い合わせ メールでお問い合わせ

世界のママの子育てライフ Mommy & Me World Topics

2016-07-14
アメリカ親子のサマースクールライフ
Yoko
Yoko

埼玉県さいたま市出身。中学校時代はソフトボール部に所属、埼玉県大会第3位。大学2年在籍後、アメリカのメリーランド州ボルチモア大学へ編入し、国際ビジネスを学ぶ。ボルチモア大学卒業後、ニューヨークへ。日経フォワーダーにて輸入通関部署に勤務(勤続10年)。3歳になったやんちゃな息子と二人暮らし。
趣味ー旅行 (今まで行った事のある国 ー イギリス、タイ、エジプト、香港、北京、台湾、メキシコ、ドミニカ共和国、プエルトリコ、米国内各所)
行って見たい国ーポルトガル 最果ての地ロカ岬
趣味ーゴルフ 独身時代はレッスンに通い、毎週コースに出てました。出産後はなかなかコースには行けませんね。将来、息子とコースに出れる事を楽しみしてます!
趣味ーエジプトの考古学 尊敬する人ーザヒ ハワース
暇があればーSpa通い 仕事、育児に疲れた体を癒やします。一人になって、何も考えず、リラックス出来る時間は最高!
アメリカでのシングルマザーライフは毎日毎日が奮闘です!色々と落ち込む事もありますが、周りの人に助けられ楽しく生活しております。そんな私の育児奮闘記をどうぞ宜しくお願いします。

7月に入り、夏休みに入った子供達の声が夜遅くまで聞こえてくる時期になりました。
ほとんどの公立学校は独立記念日前( Forth of July)に年度末を終え、長い夏休みに入ります。
息子の通う保育園も夏休みになると、Summer Programがあり、小学校のお兄さん、お姉さんが通い始めるので、息子も保育園に行くのが、楽しみのようです。
”夏休み” この言葉は子供の頃はとてもうれしい響きでした。が、働く親にとっては、頭をかける事になる言葉なのです(笑)
アメリカの学校は2ヵ月もの夏休みがあります。この2ヶ月間、子供達はどのように過ごすのでしょうか?

私の知り合い(両親が日本人、もしくは、母親が日本人)は年度末が終了したと同時に子供達と日本に里帰りし、子供を日本の学校に体験入学させています。3週間は日本の学校に通うことが出来ますので、子供にとってもはとてもいい経験です。アメリカで補習校や全日制に通う子供達は日本の授業についていけますが、現地校に通う子供達はやはり日本の学校に行っても、勉強はついていけないようです。
ただ、日本の学校でしか味わえない習慣、例えば、給食(アメリカではお弁当持参、もしくは、カフェテリアで購入)、掃除(アメリカでは掃除の業者が清掃)の時間やプールの時間はアメリカに住む子供にとっては新鮮な学校でのアクティビティのようです。

では、アメリカで過ごす子供達は2ヶ月間何をするのでしょうか?
ちなみに、アメリカの法律は13歳以下の子供は一人で家でお留守番をすることも許されません。13歳以下の子共が一人でいる所を発見されると、親は逮捕されてしまうのです。
(Kids under 13 years old need Baby sitter, but Kids over 13 years old can be Baby sitterという皮肉?は言葉があります。ー13歳の子はベビーシッターが必要だが、14歳の子はベビーシッターになれる)13歳と14歳の年の違いは大きいにしろ、何でも法律で決められている国なんだなぁ、と改めて実感しますね。
なので、共働きの両親をもつ13歳以下の子供達はSummer Programに参加をします。
Summer Programですが、色々な機関が実施してます。
前述したように、保育園で小学生を対象にしたProgramもあります。
保育園の開いている時間帯に子供を預かってくれます。場所は異なりますが、学校に行くような感じですね。そこで、工作をしたり、勉強をしたり、小さな子供達の面倒を見たり、みんなで外に遊びに行ったり、プールに行ったりします。

3

YMCAでもSummer Programは実施しています。
Programの内容は様々なようですが、小学生(6際以上)、中高生を対象にした期間を選べるSummer Campもあります。共働きの両親を持つ子供達がよく参加するのが、このお泊りキャンプです。期間はもちろん子供の年齢や正確をみて、両親が決める訳ですが、1週間、2週間、そして1ヶ月間郊外のの施設を利用して、泊まり込みでキャンプをします。(キャンプと言っても、テントで寝泊まりをする訳ではなく、日本で言う合宿みたいな感じですね。)大学生のインターンのお兄さんやお姉さんが世話をしてくれるでの、心配はありません。子供達は山登り、川遊び、カヌー、水泳や乗馬をしたりと思いっきり大自然に触れる事が出来ます。また、プログラムで子供達は”Self Confidence – 自信、Self Esteem – 自尊心、そして、Leadership” を学ぶ事が出来ます。こういったキャンプでは、色々な地域から子供達が参加するので、新しい友達を作る事も出来き、また、それぞれの子供達が持ってる文化を学ぶ事が出来ます。普段の学校生活では学ぶ事の出来ない、共同生活からの色々な経験はきっと子供にとってとても大切な思い出になるはずですね。
料金的にはお泊りキャンプは少々高いようですが、大体2週間キャンプで$1500~$2000位です。

もちろん、お泊りキャンプではなくDay Campというプログラムがあります。朝からお昼までや、朝から夕方までのプログラムがあります。
このDay Camp はお泊りキャンプのように、遠方に行く事は出来ませんので、それぞれの施設で、1日を過ごします。ほとんどの施設には、大きなグランドがあり、野球をしたり、サッカーをしたり、水泳をしたり、室内では、読書、パソコン、アートとそれぞれがやりたい事が出来るようです。

私の息子も9月から Pre-K (Pre-Kindagareden)に入学します。(早い〜、もうPre-K!!)
来年は私も夏休みの事を考えないといけないと思うと、ちょっと嫌気がさしますね(笑)
先日息子の卒業式がありました。
硬い〜卒業式ではなく、国際色豊かな卒業式でした!
子供達は(できるだけ)自国の伝統的な服を着ての出席だったので、息子はこんな感じになっちゃいました。(寅さんかっ!とたくさんの友達につっこまれましたね〜)
日本の方々、すみません。。。着物は持ってきてなく、甚平しかなかったんです。。。
そして、メレンゲを披露してくれました!(さすが、ラティーノの多く住む街!)
うちの寅さんもちゃんとステップを踏んで踊ってました!
ちなみに、寅さんのパートナーはサラちゃん、コロンビアの女の子です。かわいい〜〜。

では皆さん、夏を楽しんで下さんねーー。

Yoko

33