子供英会話、ジュニア・親子ゴルフスクール、親子アートスクール、親子グローバル教育、子供リーダー教育、家庭教育、親子留学 ニュージーランド カナダ、ママの学校・コミュニティー

Mommy & Me Learning「未来のグローバルリーダーを育てる」 ママの為の母子グローバル教育コミュニティ

お電話でお問い合わせ メールでお問い合わせ

世界のママの子育てライフ Mommy & Me World Topics

2016-07-06
親子グローバル教育
Yoko
Yoko

埼玉県さいたま市出身。中学校時代はソフトボール部に所属、埼玉県大会第3位。大学2年在籍後、アメリカのメリーランド州ボルチモア大学へ編入し、国際ビジネスを学ぶ。ボルチモア大学卒業後、ニューヨークへ。日経フォワーダーにて輸入通関部署に勤務(勤続10年)。3歳になったやんちゃな息子と二人暮らし。
趣味ー旅行 (今まで行った事のある国 ー イギリス、タイ、エジプト、香港、北京、台湾、メキシコ、ドミニカ共和国、プエルトリコ、米国内各所)
行って見たい国ーポルトガル 最果ての地ロカ岬
趣味ーゴルフ 独身時代はレッスンに通い、毎週コースに出てました。出産後はなかなかコースには行けませんね。将来、息子とコースに出れる事を楽しみしてます!
趣味ーエジプトの考古学 尊敬する人ーザヒ ハワース
暇があればーSpa通い 仕事、育児に疲れた体を癒やします。一人になって、何も考えず、リラックス出来る時間は最高!
アメリカでのシングルマザーライフは毎日毎日が奮闘です!色々と落ち込む事もありますが、周りの人に助けられ楽しく生活しております。そんな私の育児奮闘記をどうぞ宜しくお願いします。

夏時間も始まり、朝は6時から夜の8時まで明るくなってきました。
Spring is finally here!長い長い冬がやっと終わり、NYにも春がやってきました!
ハナミズキの花も綺麗なピンクの花を咲かせてます。 もうそろそろNYでも桜が咲く頃でしょうか。
私も保育園のお迎えの後は近所の公園に息子と出向き、スクーター、自転車やら、サッカーな どして7時過ぎまで遊んでます。
(私も息子も夜はコテッと寝てしまいます(笑))

先日息子の先生から私にインタビューをしたいと言われました。
大学院に通っている先生なのですが、”移民してきた家族と文化”という題でプレゼンテーションがあるとのこでした。
私の住んでいる地域には、日本人があまり住んでいないので、彼女 も私と息子の文化が気になるのでしょうね。
そのインタビューの中で、”日本とアメリカの教育の違い”という質問がありました。私はすぐさま ”子供の自己主張の強さ”という事が頭に浮かびました。
私はアメリカの大学時代に近所の小学校でボランティア活動の一貫として、日本語を教えていた事があります。
その時の小学生の授業中の風景が今でも忘れられません。先生が何か質問をすると、クラスほとんどの生徒が手を上げて、”Me, Me!!!” と言うんです。
そして、生徒達は全く恥ずかしがらずにきちんと自分の意見を発表します。
たとえその答えが間違っていたとしても、先生はきちんとその生徒の意見を聞き、どうしてそう思ったのか、感じたのかその生徒の意見を聞き、尊重します。
生徒達は自分の答えが間違っているかもしれないけれど、自分が思った事を発言します。

”I don’t know if this is right answer, but I think ~~~~~”.
私が小学生や中学生の頃は、先生が質問をしても一人か二人ぐらいしか発言をしようとしませんでした。
もしくは、教室中しーんとして誰も発言しない事も多々ありました。私は皆と違う 意見だったらどうしよう、はずかしい、という思うがありました。
人前で発言する事にとても 消極的でした。日本の教育現場だと、目立つ事はやめよう、皆と同じ事をしよう、というようなイメージですが(少なくとも私の年代はそうでした。。。)、今でもそうなのでしょうか 。。
私はそのアメリカの授業風景を見て、”はぁ 、アメリカの子供達は自己主張が出来るんだな。”と。
私も自分の息子にはしっかりと自分の意思をもち、恥ずかしがらずに意見を言えるような子供に育ってもらいたいと思います。

そんなアメリカの教育といえば、3月に”Creative Week”というのがありました。
Monday : Bring your favorite stuffed animal
Tuesday : Bring Silly Socks
Wednesday: Wear your favorite Pajama
Thursday : Make Silly Hat and bring to the school
Friday : Wear cloth you think very Silly

月曜日、息子はライオンのぬいぐるみを持って行きました。先生は一人一人の生徒になぜそのぬいぐるみを選んだのか、理由を皆の前で聞いたそうです。
生徒といってもまだ2歳と3歳の小さな子供です、言葉すらしっかり話せない生徒もいます。しかし、子供達はきちんと理由を述べるようです。
ちなみに息子がライオンを選んだ理由は、ライオンは動物の中で一番大きいから、と言ったようです(笑)
月曜日のお迎え後、”馬鹿げた靴下”を翌日持っていくために、手芸屋さんに行きました。
グリッターが居間のそこら中について大変でしたが、息子は自分なりにここに赤いお鼻をつける!とか、お目々はここよ!と一生懸命考えて作ってました。
芸術的センス全く無しのマミーもちょっとお手伝いをし、鈴を付けました。歩くと、カランカランと音がして、これはGood Idea! と。
そして、こんな Silly Socksが出来ました!

写真1

火曜日の学校にて。

写真2

木曜の学校にて。(馬鹿げたSilly?帽子Hatを作りました。)

写真3

このように小さな頃から子供の想像力、子供の思っている事を聞き出そうとする教育は私はと
ても素晴らしい事と思います。
そして、4月のアクティビティはこれです!

写真4

Monday : 子供達の好きな色の紙袋で指人形を作ります
Tuesday : 虹色の手形をとります。好きな色の洋服を着て学校に来てください。
Wednesday : 白いポップコーンを持って来てください。子供達の好きな色に染めます。
Thursday : 子供達のすきなぬいぐるみを持ってきてください。お気に入りのパジャマで学校に来てください。
Friday : Pizza Party ( アメリカらしいですね。。。笑)

来週は息子がどんな人形を作り、どんな色にポップコーンを塗ってくるのかとても楽しみです。
このようなアクティビティから、私も日々息子が思っている事、考えている事を教えられております。
そんな息子の保育園に本当に感謝感謝の毎日です!